2018年03月25日

Team Wandy

Team Wandy
3月は外傷性脳障害(TBI)の啓発月間ですが、それは常に私たちの心にあります。今日の私たちのTBIへの活動は死亡したウェンディ・ムーアから始まります。

CDCによると、毎年推定170万人が外傷性脳傷害(TBI)を受傷いると推定されています。そのうち救急治療により136万5千人が治療・完治し、275,000人が入院し、52,000人が死亡しています。 TBIは、米国における全ての傷害関連死亡者の3分の1(30.5%)に関連する要因です。毎年発生するTBIの約75%は、脳震盪または軽度の外傷性脳傷害(MTBI)です。そして、もちろん、TBIのリスクは、日常生活の坂道やサッカー場から戦場まであらゆる場所に潜んでいます。

Team Wandyは、ブラウン大学、ドレクセル大学、サンディア国立研究所と協力して、外傷性脳損傷に関する包括的な研究を行っています。

海軍研究室の助成金475万ドルで3年間の研究は、脳に外傷性損傷がどのように形成されるかについての新しい洞察を作り、それらを防ぐための新しいヘルメット技術を開発することを目指しています。これを達成するには、ヘルメットから頭蓋骨、頭蓋骨から脳組織、そして最終的には損傷を受けた個々のニューロンと軸索にTBIにつながる力がどのように伝達されるかを包括的かつ多レベルで理解する必要があります。

これを達成するために、努力は、脳細胞のミクロ的レベルからヘルメットのマクロ的レベルまでの研究を包括的に行う必要が有ります。私たちのチームは、マクロ的なスケールでの研究を担当し、衝撃を受けた時に頭蓋骨全体で経験する力の分布だけでなく、ベクトルおよび角加速度を測定することができるヘルメットのパッド内に統合されたセンサーシステムを開発しています。このシステムは、テストヘッドフォーム上、最終的に人間の着用者のような研究環境(ダミーヘッド)において測定を提供することができます。目的は、脳損傷モデルを開発し、ヘルメットを介して収集されたデータを使用して、頭部への衝撃に続く傷害の可能性を予測することです。

外傷性脳傷害の発生状況をよりよく理解するため、ヘルメットの試験方法の改善や次世代のヘルメットや保護装置のための新しい材料やデザインの開発にも取り組んでいます。

このような研究に参加することは、創業理由の中核をなすものです。 Team Wandyはアップデートされた研究結果に基づいて常に製品を革新させます。どうかその成果を常に受け取ってください。

Team Wandy製品へのお問合せは下記URLかメールアドレスまで
URL:https://frontlines.jp/category/item/brands/brand-teamwendy/
救助救急・クライミング用 https://frontlines.jp/team-wendy-exfil-sar-backcountry-no-…/
雪山救助救急・スキー用 https://frontlines.jp/team-wendy-tw-83/
eMail:info@shichiyokousan.com







同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
テロ対策特殊装備展(SEECAT)’18
Trijicon x SUREFIRE on SAA
First Spear Summit Bag
Ops-Core
SUREFIRE
Hill People Gear BIKE FRAME BAG
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 テロ対策特殊装備展(SEECAT)’18 (2018-10-10 10:10)
 Trijicon x SUREFIRE on SAA (2018-10-09 10:09)
 First Spear Summit Bag (2018-10-09 09:51)
 Ops-Core (2018-10-09 09:47)
 SUREFIRE (2018-10-09 09:45)
 Princeton Tec REMIX PRO (2018-10-09 09:44)

Posted by SHICHIYO-七洋交産株式会社- at 09:00 │お知らせ