2018年02月05日

FirstSpear ACM - Advanced Clothing Materials -

FirstSpear
ACM - Advanced Clothing Materials -
ACM(Advanced Clothing Materials)は、100%米国製メリノウールとその他の上質素材を組み合わせた最新の繊維技術です。FirstSpearでは、求められる機能に合わせ、商品毎に独自の配合で繊維をブレンドしています。生地の種類は三種類。これでお客様のニーズを完璧にカバーします。肌触りの柔らかさが秀逸な「ACM-Base」は、季節を問わず着用頂けます。「ACM-Mid」は、保温性を確保するのに最適な生地を採用。ACM-Baseと重ねて着用することも可能です。最高品質の「ACM-Warm」は、究極の保温性を確保するためにデザインされた一枚です。快適な着用感で、抜群の耐寒性を実感頂けます。

天然素材であるメリノウールの特性を最大限に生かし、幅広いニーズに応えます。メリノウールは多様な機能性が魅力の素材です。気候や活動内容を問わず、必携の一枚となるはずです。

快適性
メリノウールは、肌触りの柔らかさと軽さが特徴の、世界最高水準のウール素材です。繊維径が極めて微細なため、チクチク感もありません。

温度調節機能
メリノウールの体温調節機能は、どんな合成繊維よりも優れています。気温の高低に関わらず着心地は快適です。高温の環境では、汗を吸湿し空気中に放出するので、涼しく感じられます。低温時には、体温で温められた空気を逃がさず、優れた保温性を発揮します。

吸湿保温性能
メリノウールは、繊維重量の最大30%の水分を吸湿しながら、保温機能を維持することができる優れた繊維です。過酷な環境下でも温かく快適に活動することができます。

防臭性能
ウールは、臭いが付きにくく、高い通気性で消臭効果にも優れています。また、ウール繊維の外層部には、高濃度の脂肪酸が含まれているため、優れた抗菌特性を発揮します。

再生可能性とサステナビリティ
メリノウールの原料となる羊毛は、メリノ羊から毎年採取することができます。つまり、メリノウールは、100%再生可能な繊維素材なのです。また、天然のタンパク質を主成分としているため、廃棄しても数年のうちに土壌中で生分解されます。

ノイズレス
ウールは生地がこすれても音がしません。風でパタパタしたり、歩行中にカサカサしたり、低温時にパリパリと音がするようなことはありません。

撥水性
メリノ繊維は、乾燥重量の最大3分の1に相当する水分を吸水できるに内部構造をもっています。一方、その表面はワックス状の薄い膜で覆われているため、水を弾く特性があります。この表面の皮膜層は、密着度が高く、洗浄や加工などで容易に剥がれてしまうこともありません。メリノウールに付着した水滴は、繊維に吸収されることなく、表面を転がり落ちます。

難燃性
メリノウールは、一般的に使用される生地繊維の中でも、最高レベルの難燃性を有しています。



・Neckie - ACM Base 100

・Beanie – ACM Base 100

・Field Shirt v2 SS FS100 Wool

・Mid Shirt – ACM MID 400

・Hoodlum Hoodie ACM-MID 400




同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
Mayflower Low-Vis E&R Bag
Velocity Systems KHARD Medical Insert System
Velocity Systems & Mayflower RC Patch
SUREFIRE FN America SCAR-SC with SureFire M322V
First Spear Going Hot FRANCE
Team Wendy
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 Mayflower 48/24 Hour Assault Pack, Fixed Shoulder (2018-08-20 16:56)
 Mayflower Low-Vis E&R Bag (2018-08-20 16:51)
 Velocity Systems KHARD Medical Insert System (2018-08-20 16:49)
 Velocity Systems & Mayflower RC Patch (2018-08-20 16:46)
 SUREFIRE FN America SCAR-SC with SureFire M322V (2018-08-20 16:44)
 First Spear Going Hot FRANCE (2018-08-20 16:42)

Posted by SHICHIYO-七洋交産株式会社- at 09:24 │お知らせ